2009年06月29日

毎年この月に

日々諸々を過ごしているうちに
また父の命日が来た。
来たっていうのも失礼だけど、
あの人は自然とともに生きて、撮った人だけれど、
多分信心深い人ではなかったから、
自分が拝まれるのを見て笑ってるんだろうなーと思うんだよね。

でも、父の原爆・平和に関する仕事でいただいたご縁のある方に
今回ひとつのお仕事をいただいて。
父の写真を引っ張り出してデータを作った。
この時期にってのがその方の粋なはからいのように感じた。
父が呼んだようにも。
青い空の写真はまだ色あせていなかった。

そして、またご縁の方がいらして、
カメラを修理してくださることになった。

大丈夫だよ。きっとちゃんとつないでいくからね。
posted by minazo at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。